むかしむかし

宇都宮にある

ヒーローがいました…

 

その名も

平安時代中期の貴族・武将。

本名、藤原秀郷(ふじわらのひでさと)は

二荒山神社で授かった霊剣で

平将門を打ち納めた

凄腕の持ち主。

その功績を讃えられて

現在の栃木県の

国司(現在でいう知事)を

していました。

 

そんなある日

狩りの帰りみちに

村人から馬捨場で

百の目を持つ妖怪が

悪さをしているので

退治してほしいと頼まれた

ひでさと君。

 

鬼を待ち伏せていると

百の目を光らせた

3mほどはあろうかという

大きな鬼「百目鬼(どうめき)」

が現れました。

 

そこで、ひでさと君は

得意の弓で

一番光っている目を狙い

射抜くことに成功!

 

 

その矢は鬼の急所を射ぬき

鬼は明神山の後方

(現在の百目鬼通り)で

姿を消してしまいました…

 

 

それから約400年の

月日が経ち…

 

あるとき二荒山神社の

北側にある塙田村に

徳の高いお坊さんが

やってきました。

 

 

お坊さんが熱心に

説教をしていると

毎日聞きに来る

若く美しい女性がいました。

実はこの娘

ひでさと君に退治された百目鬼

百目鬼は400年もの間

長岡の百穴に身を潜め

傷ついた体が癒えるのを待ち

娘に姿を変えて悪さをしていました。

しかしお坊さんの度重なる説教を

聞いているうちに心を改め

二度と悪さをしないとお坊さんに誓い

自分のツメとツノを置いて

消え去って行ったとか…。

 

このことから二荒山神社北側一帯を

「百目鬼」と呼ぶようになりましたとさ…

 

 

そんな因縁の2人である

ひでさと君と百目鬼が

宇都宮のまちなかに

またまた戻ってきた!?

 

 

宇都宮のまちなかに潜んでいる

百目鬼のフィギュアを見つけ出し

シールを集めてキラキラプレミアムカードと

交換できるシールラリーを開催!